DESIGN MYLIFE

MENU

CLOSE

COLUMN インテリジェントホームと暮らす

GUIDE

「インテリジェントホーム」の使い方 ~vol.2 IPカメラ~

スマートフォンやタブレットなどによる遠隔操作で、外出先から家の中をコントロールできる「インテリジェントホーム」のデバイス。今回は、『IPカメラ』に注目!おすすめの使い方や便利な機能についてご紹介します。

外出中の「いま、どうなっている?」が見える、心強い味方

「子どもはちゃんと帰宅したかな?」「旅行中に不審者が侵入したりしていないかな?」など、留守中に気になる家の状況。一度考え出したら、ずっと不安を引きずってしまうことはありませんか?家で誰かが待機していて、いつでも状況を知らせてくれる環境なら不安を抱く必要はありませんが、親戚が近くに居なかったり、誰かを雇う余裕がなかったりと現実は難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、インテリジェントホームの『IPカメラ』。このデバイスを家に設置すると、親兄弟やベビーシッターなどに頼まなくとも、状況に合わせて部屋の様子を通知してくれたり、リアルタイムで確認したりすることが可能になります。

使い方は簡単で、まずはスマートフォンやタブレットに専用アプリをダウンロード。そして、『IPカメラ』とアプリを同期し、必要な場所に設置します。そうすることで、アプリから写真や動画の撮影、リアルタイムで画像を表示させることなどが可能に。さらに、『モーションセンサー』や『スマートロック』などインテリジェントホームの他デバイスと連動させれば、様々なシーンで活躍してくれます。

生活スタイルに合わせた、安心のカタチ

生活スタイルに合わせて、インテリジェントホームの『IPカメラ』を使いこなすと、日々の不安が解消できます。

例えば、調理中に乳幼児の様子が気になるという場合には、リアルタイムで映像を表示させる機能を活用しましょう。同じ空間のリビングに子どもを寝かせていたとしても、壁やテーブルが邪魔になり、子どもが視界に入らないことがあります。そんなときは『IPカメラ』を設置し、スマートフォンやタブレットで映像を表示。すると、身を乗り出さなくても画面からすぐに確認でき、常に子どもの様子を目視しながら調理することができるようになります。

共働きで小学生の子どもの帰宅状況が気になる場合なら、写真を撮ってメールに送信する機能が便利です。子ども部屋に設置し、帰宅時間に合わせて稼動設定しておけば、指定した時間に画像を撮ってメールで送信してくれます。また、玄関に設置し、インテリジェントホームの『スマートロック』と連動させれば、玄関の開錠を合図にカメラが稼動。そして撮った画像をメールで送信してくれるので、仕事中でも帰宅した子どもの様子を知ることができます。

外出中のセキュリティが気になる場合は、動画撮影機能が便利。インテリジェントホームの『モーションセンサー』と連動させれば、侵入者を撮影し、動画をメールで送信させることが可能になります。また、LEDライトが搭載されているので、夜間でも撮影可能です。

多機能アイテムを利用して、日常に安心を

ちょっとしたことでも、現状が把握できないだけで、不安な思いは募ってしまうもの。気になったときにすぐ目で確認することができれば、モヤモヤした気持ちが晴れて、きっと時間の使い方も変わってくることでしょう。離れた場所からでも家族や部屋の様子が確認できるインテリジェントホームの『IPカメラ』を使って、安心&効率的な生活をはじめてみませんか?

Back to Index

RECOMMNED